2006年08月25日

言わなきゃよかった。

先日の凄く暑かった日のことです。

お部屋の案内の為、お客様と待ち合わせをしたのですが、時間ギリギリになってしまい待ち合わせ場所まで小走りで向かいました。走り出してすぐヒタイに汗がジワリと浮き出てきたのでハンカチを…と思ったら会社に忘れてきたのに気づきました。このままではお客様に会った時には大量の汗をかいてることになりそうだと考え、途中のコンビニで小さいサイズのタオルハンカチを購入。遅刻することなく待ち合わせ場所に到着したのですが、その時は息切れと大量の汗で、ちょっとしたスポーツをした後のようでした。

お客様は私に気をつかって、

「そこの建物に入って涼みましょうか?」

と言ってくださったので

「ではちょっとだけ」

お客様の言葉に甘えてクーラーの効いてる駅前ビルのエントランスで涼ましてもらいました。初めて会ったお客様だったので、お引越しの理由やご希望条件等をききながら先程購入したタオルハンカチで汗を拭っていると

「あっ、今話題ののハンカチですね。」(モチロン早実の斉藤投手のことです)と

言われたので

「はい。タオル王子です。いやタオルオヤジでした。わっはっは…。」

と返したら

「・・・・・・・沈黙」

気まずい雰囲気になり嫌な汗をかいてしまいました。
あ〜、あんなこと言わなきゃよかった。
posted by ブログ管理人 at 20:04| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
私も先日お客様のご案内を時間直前に頼まれて、物件までダッシュしました。走っているときは「今チョットかっこいいかも」なんて思っていたのですが、物件についたら汗がダーーー!
 そしていらっしゃったお客様も汗だくで、挨拶は当然「はじめまして、暑いですね〜」でした。笑
Posted by tedih at 2006年09月05日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。